Information

前回の中間測定に続き、完成後の気密測定を行いました。

一般的には中間より完成後の数値は悪くなることが多いのですが、

今回も中間測定同様のC値の結果は0.2㎠/㎡でした!

超高気密住宅と言える数値だと思います。

 

 C値とは、建物の床面積1㎡に対する隙間面積㎠を表す数値です。

 この値が小さければ小さいほど隙間の少ない高気密住宅と言えます。

 実はこのC値は、省エネルギー性だけではなく、湿度の制御や計画換気には不可欠なものなのです。

 

超高気密のための現場の施工の成果がしっかり表れた数値で安心致しました。

三次元アーキテクツは、これからも意匠と性能を兼ね備えた建物を設計していきます。

 

 

 

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。